専門学校甲府医療秘書学院

医療秘書にできること

医療秘書の職域は幅広く、様々な分野で活躍できます。
どれも医療現場に欠かせない事務のスペシャリストとして医師、看護士、専門スタッフとともに「チーム医療」を担います。

iryo_info.jpg

医師事務作業補助者(メディカルクラーク)

医師の事務作業をサポートする仕事です。医師が医療業務に専念できるよう、医師の事務作業を代行しサポートします。

[具体的な仕事内容]

  • 診断書や処方箋など文書作成
  • 診療記録への代行入力
  • 診察予約
  • 紹介状作成、データ整理
  • 電子カルテへの代行入力

※平成20年度より、医療機関における医師事務作業補助者の配置が、診療報酬上、評価されました。さらに昨年度アップしました。
※各医療機関における医師事務作業補助者の配置には、6ヶ月の研修期間が義務づけられていますが、日本医師会認定医療秘書の資格を有する方は「基礎知識習得研修」が免除されます。

医療秘書

医師の秘書業務などを中心に事務部門を担いながら、患者さまとのコミュニケーションもあずかる医療現場に欠かせないパラメディカルスタッフです。

[具体的な仕事内容]

  • 電話応対
  • 来客応対
  • スケジュール管理
  • 文書作成

医療事務

主に診療報酬明細書(レセプト)の作成作業が専門的な業務ですが、医療事務業務全般に必要な知識と技術を生かし、さまざまな医療分野で活躍しています。

[具体的な仕事内容]

  • カルテ管理
  • 医療行為の料金化
  • 受付・窓口対応

診療情報管理士

医療・診療の質向上のために、カルテや診療情報の適切な管理と活用が業務です。

[具体的な仕事内容]

  • データ管理
  • がん登録
  • 統計の作成
  • コーディング

社会福祉士

主に福祉サービスを必要とする様々な人々に、各種福祉サービス・制度の情報提供、相談、指導、援助を行う仕事です。

[具体的な仕事内容]

  • 情報提供
  • 相談・指導
  • サポート・援助

一年制

応募資格

大学・短期大学・専門学校を卒業、または平成23年3月に卒業見込みの者。
社会人(高卒以上)で、本校の一年制課程として認められた者。

出願手続

下記の書類を直接、または郵送(書留)で本校事務局へ提出して下さい。

  • 入学願書/本校指定用紙
  • 卒業証明書/最終学校の卒業証明書(見込みも可)
  • 返信用封筒/郵送時のみ使用(本校所定の中型封筒)
    郵便番号・住所・氏名を記入。
    この返信用封筒は、受験者に受験票を送付するためのものです。
    簡易書留で郵送しますので、380円の切手を貼り付けて下さい。
    直接持参される場合は、この封筒は不要です。
  • 選考料/募集要項参照

出願期間・選考日・合格発表等

   受付期間 入学者選考 合格発表 入学手続
第1次 平成21年9月17日(金)~9月29日(水) 10月1日(金)・面接 10月8日(金) 11月12日(金)
第2次 平成21年11月1日(月)~11月5日(金) 11月10日(水)・面接 11月15日(月) 12月14日(火)
第3次 平成21年12月6日(月)~12月9日(木) 12月15日(水)・面接 12月17日(金) 1月17日(月)
第4次 平成22年1月11日(火)~1月14日(金) 1月19日(水)・面接 1月21日(金) 1月28日(金)
第5次 平成22年2月8日(火)~2月14日(月) 2月16日(水)・面接 2月18日(金) 2月28日(金)
第6次 平成22年3月14日(月)~3月17日(木) 3月22日(火)・面接 3月24日(木) 3月31日(木)
備 考 午前9時~午後4時 土・日曜・祭日を除く 午後1時 於:本校 各人宛通知 詳細は合格者に通知

※二年制の推薦入学(第1次・第2次・第3次)、一般入学(第1次・第2次・第3次)に同じです。

甲府医療秘書学院の特典

  • 本校独自の学業奨励・褒賞制度があります。
  • JR・山梨交通・富士急行バスの学割指定校になっています。

二年制

応募資格

推薦入学 平成23年3月に高等学校卒業見込みの者。
ただし、原則として全体の評定平均値が3.0以上で、出身校校長の推薦が得られる者を対象とする。
一般入学 平成23年3月高等学校卒業見込みの者、および高等学校と同等の学力を有する者。
特別入学 大学・短期大学・専門学校を卒業、または平成23年3月に卒業見込みの者。
聴講生課程 高等学校卒業程度の学力を有する者。
※詳しいことは本校事務局にお問い合わせ下さい。

出願手続

下記の書類を直接、または郵送(書留)で本校事務局へ提出して下さい。

  • 入学願書/本校指定用紙
  • 調査書/出身校作成のもの。ただし、特別入学の場合は最終学校の卒業(見込)証明書で可。
  • 推薦書/本校指定用紙(推薦入学のみ)
  • 選考料/募集要項参照

出願期間・選考日・合格発表等

区  分 受付期間 入学者選考 合格発表 入学手続
推薦入学 第1次 平成22年
9月17日(金)~9月29日(水)
10月1日(金)
小論文・面接
10月8日(金) 11月12日(金)
第2次 平成22年
11月1日(月)~11月5日(金)
11月10日(水)
小論文・面接
11月15日(月) 12月14日(火)
第3次 平成22年
12月6日(月)~12月9日(木)
12月15日(水)
小論文・面接
12月17日(金) 1月17日(月)
一般入学 第1次 平成23年
1月11日(火)~1月14日(金)
1月19日(水)
英語・国語・小論文・面接
1月21日(金) 1月28日(金)
第2次 平成23年
2月8日(火)~2月14日(月)
2月16日(水)
英語・国語・小論文・面接
2月18日(金) 2月28日(金)
第3次 平成23年
3月14日(月)~3月17日(木)
3月22日(火)
英語・国語・小論文・面接
3月24日(木) 3月31日(木)
特別入学
一年制課程
受付期間・選考日・合格発表・入学手続きは
上記推薦(1次・2次・3次)一般(1次・2次・3次)入学に同じ
※ただし選考は面接のみ
備  考 午前9時~午後4時
土・日曜・祭日を除く
午後1時 於:本校
(午後12時30分~受付)
各人宛通知 詳細は
合格者に通知

甲府医療秘書学院の特典

  • 日本学生支援機構推薦対象校になっています。
  • 本校独自の学業奨励・褒賞制度があります。
  • JR・山梨交通・富士急行バスの学割指定校になっています。

入学案内

入試について

出願期間・試験日や選考方法、提出書類などについてのご案内です。


学費について

入学金や授業料などについてのご案内です。

甲府医療秘書学院の特典

  • 日本学生支援機構推薦対象校になっています。
  • 本校独自の学業奨励・褒賞制度があります。
  • JR・山梨交通・富士急行バスの学割指定校になっています。

就職指導

長年の実績から、優良就職先がそろう甲府医療秘書学院、
あなたの夢や目標をカタチにできます。

一生の財産になるキャリアを手にできます。

卒業した、みなさんの先輩たちは、就職先や医療界から毎年とても高い評価をいただいてます。本校の有効求人倍率が約130%という高就職率を維持し続けられている理由でもあります。また本校では、大変幅広い資格が取得できるうえ、「秘書実務」「情報」といった実用性の高いカリキュラムも取り入れているため、医療分野はもとより多方面への就職を可能にしています。
医療秘書という分野の社会的な需要は、今後ますます高まるでしょう。また結婚や出産などを経ても長く続けられるキャリアであり、性別・学歴等を問わず誰でも目指せる専門職として志望者の層を広げています。


guidance.jpg

年間スケジュール

毎日大きくなっていく自分。一歩一歩夢に近づいて行く。

よく学び、よく遊べ、がモットーの甲府医療秘書学院の1年は、検定試験や実習、修学旅行などイベント行事がギュッとつまっています。目標があるから1日1日が充実し、成長する一年間。

4月
  • 入学式
  • 新入生歓迎会
calendar_04.jpg
6月
  • 医療秘書技能検定
  • 秘書技能検定
  • 医事コンピュータ技能検定
  • 硬筆書写検定
  • Excel検定
calendar_06.jpg
7月
  • 定期試験(前期)
  • ワープロ検定
  • 修学旅行(2年)
  • 夏期休業
calendar_07.jpg
8月
  • 夏期休業
  • 避難訓練
calendar_08.jpg
9月
  • 第1期病院実習(2年)
calendar_09.jpg
10月
  • 第2期病院実習(2年)
  • 校外研修(1年・一年制)
  • 見学実習(1年・一年制)
calendar_10.jpg
11月
  • 全国医師会医療秘書学院連絡
    協議会保険請求事務実技試験
  • 医療秘書技能検定
  • 秘書技能検定
  • 合同球技大会
  • 医事コンピュータ技能検定
  • 硬筆書写検定
calendar_11.jpg
12月
  • ワープロ検定
  • 話しことば検定
  • Excel検定
  • 冬期休業
calendar_12.jpg
1月
  • 硬筆書写検定
  • 調剤事務管理士技能認定試験
calendar_01.jpg
2月
  • 定期試験(後期)
  • 秘書技能検定
  • ワープロ検定
  • 卒業生を送る会
  • 日本医師会認定医療秘書
    認定試験
calendar_02.jpg
3月
  • 卒業証書授与式
  • 春期休業
calendar_03.jpg

ソーシャルワーク 併修コース

コース名称を「ソーシャルワーク併修コース」に変更しました。

厚生労働省国家資格である「社会福祉士」または「精神保健福祉士」の受験資格が取得できます。

※社会福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法(昭和62年法律第30号)」、精神保健福祉士は「精神保健福祉士法(平成9年法律第131号)」によって制度化された国家資格です。

中部学院大学との併修(ダブルスクール)のコースです。

photo_sf_1.jpg

高齢化社会の進展などにともない、さまざまな福祉サービス・諸制度に対し、的確な助言・指導をおこなえる有資格の専門家が求められています。このような社会の要請により、本校では平成21年度に<社会福祉士併修コース>を開設、平成26年度には、創立40周年記念事業の一つとして、<ソーシャルワーク併修コース>に名称変更し、「社会福祉士」または「精神保健福祉士」の国家試験受験資格を取得できるようになりました。
併修校である<中部学院大学通信教育部(人間福祉学部福祉学科)>は、全国通信制大学のなかで毎年トップクラスの国家試験合格率を誇る実績校です。同校との併修で指定科目を履修することにより国家試験の受験資格が取得でき、毎年1月に実施される国家試験を受験し合格すると、社会福祉士・精神保健福祉士の資格を取得できます。
※中部学院大学を卒業することにより学士(大学卒)の称号を取得できます。


li_blue.gif ソーシャルワークって?

「ソーシャルワーク」とは、社会福祉の専門従事者が人間の福利(ウェルビーイング)の増進を目的として、社会生活を送る個人、集団、地域等(クライエント)と環境との相互作用の中で起こる問題を解決、緩和するために行う専門的な援助のことです。援助者は、クライエントの諸問題に対処するため、専門職としての知識・技術・価値を実践基盤とし、直接的、間接的に援助を行います。


li_blue.gif 社会福祉士って?

「社会福祉士」とは、高齢者や障害者、生活に困窮する人など、主に福祉サービスを必要とする様々な人々に、各種福祉サービス・制度の情報提供と、相談、指導、および援助を行う仕事です。
また「医療ソーシャルワーカー」は、人々が適切で安心できるサービスを受けられるよう、利用者と医療・保健諸機関の間に立ち、橋渡しの役割を担います。


li_blue.gif 精神保健福祉士って?

「精神保健福祉士」は、精神科ソーシャルワーカーという名称で精神科医療機関を中心に、医療チームの一員として導入された専門職で、精神障害者の抱える生活問題や社会問題の解決のための援助や、社会参加に向けての支援活動を行います


li_blue.gif 資格取得後の主な職場は?

ソーシャルワーカーの本質は<だれもが自分自身の力を発揮し、豊かな生活を営めるように支援すること>です。現代社会においてソーシャルワーカーが必要とされる場は、<行政><医療><介護><教育><企業>など多方面にわたります。
医療・保健・福祉など、あらゆる現場で活躍するために大変有効なパスポートといえます。


li_blue.gif どんな授業を受けられるの?

中部学院大学通信教育部による国家試験受験のための指定科目の授業を、甲府医療秘書学院において教師指導のもと受けられます。また甲府医療秘書学院による充実したオリジナルカリキュラムも同時に受けられ、万全の体制のもとで、国家資格取得を目指せます。ほかに年数回の中部学院大学でのスクーリング参加、4~6週間の現場実習、さらに抜群の合格率を誇る受験対策講座も受けられます。


li_blue.gif 併修コースに入学するには?

「ソーシャルワーク併修コース」は中部学院大学通信教育部への3年次編入制度を利用する2年課程のコースです。編入前に修得した単位を、中部学院大学の修得単位として認定できるため、最短2年で卒業(国家試験の受験資格を取得)が可能になります。
併修コースの応募資格としては、本校医療秘書科2年制課程の卒業見込み者と、平成4年度以降入学の本校既卒者も再入学が可能です。他の専門学校・短期大学・大学の既卒者・卒業見込み者も応募できます。


診療情報管理士 専攻コース

さらに、エキスパートを目指すなら
「診療情報管理士」資格取得のための進学コースも選択できます。

photo_sjk_1.jpg

IT化する医療界を担う情報管理のスペシャリストに!

ますます複雑・多様化する医療現場において重要になってきているのが、膨大に蓄積される診療情報の管理です。そこで新たな専門職として求められるのが「診療情報管理士」。その役割は、膨大な診療録を正確に安全に分類管理し、必要時には迅速で適切な情報提供すること。さらにその情報を元に、疾病統計や外来・入院患者分析など、病院経営の統括や医療の発展に役立つ存在として、その可能性に大きな期待が寄せられています。

甲府医療秘書学院ではいち早く専攻コースを設定。資格取得も抜群の合格率!

jisseki_sjk.jpg

甲府医療秘書学院の専攻コースでは、コース設置以来の認定試験合格率は毎年100%の実績を誇っています。医療事務分野の伝統校による確かな教育システムで、あなたの目標をサポートします。

専攻コース カリキュラム

専攻教科

  • 医療情報学
  • 医療統計学
  • 医療評価
  • 診療情報管理論
  • 国際疾病分類概論
  • 国際疾病分類法
  • 医療保険事務

応用教科

  • 病院実習
  • 試験対策
  • 就職指導

一般教科

  • 一般教養

一年制

充実のカリキュラムが揃っています。

photo_2nen_1.jpg

医療界からも高い評価を得るカリキュラム構成で
優れたスペシャリストのベースづくりを行います。

将来、有能な人材として活躍していただくために必要な資格取得を積極的にバックアップし、さらに、職に就いた時に、その資格の特性を最大限に発揮できるよう、「資格を生かす能力」を学生のうちから磨いておける充実したカリキュラムを用意しました。

一年制カリキュラム

専門教科

[医療・保健・福祉基礎教科] [医療秘書専門教科] [応用教科]
  • 健康とは、疾病とは
  • 患者論
  • 医の倫理
  • からだの構造と機能
  • 臨床検査
  • 薬の知識
  • 医療にかかわる用語
  • 臨床科目
  • 医療秘書概論
  • 医療秘書実務
  • 書写
  • 医療情報処理学
  • 医療関係法規概論
  • 医療保険事務
  • 病・医院実習
  • 特別講座
  • 試験対策

一般教科

  • 一般教養

取得可能な資格

  • 日本医師会医療秘書認定試験合格者には日本医師会の認定証が交付されます。
  • 全国医師会医療秘書学院連絡協議会から医療秘書の認定証が交付されます。
  • 医療秘書技能検定
  • 秘書技能検定
  • ワープロ検定
  • 硬筆書写技能検定
  • 医事コンピュータ技能検定
  • Excel表計算処理技能認定試験
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医療保険請求事務実技試験
  • 日医IT日レセ操作実務者<認定オペレータ>

二年制

医療現場との連携によるカリキュラムは、
すべて無駄なく、あなたの将来に生きるものばかり。

photo_2nen_1.jpg

医療界からも高い評価を得るカリキュラム構成で
優れたスペシャリストのベースづくりを行います。

甲府医療秘書学院の第一の特徴は、「山梨県医師会」と「山梨県歯科医師会」の全面的協力による教育システムとカリキュラムです。そのため基本の授業においても、現役で活躍中の医師や先生方を招き、貴重な医学の知識を直接学ぶことができます。さらに実践力を養うために力をいれているのが、現場実習です。病院、医院、歯科医院、老人保健施設など、当学院の協力医療機関において、およそ6週間にわたるインターンシップを体験できます。

二年制カリキュラム

専門教科

[医療・保健・福祉基礎教科] [医療秘書専門教科] [応用教科]
  • 健康とは、疾病とは
  • 患者論
  • 医の倫理
  • からだの構造と機能
  • 臨床検査
  • 薬の知識
  • 医療にかかわる用語
  • 医用英語
  • 歯科概論
  • 臨床科目
  • コミュニケーション論
  • 医療秘書概論
  • 医療秘書実務
  • 書写
  • 医療情報処理学
  • 医療関係法規概論
  • 医療関係法規
  • 医療保険事務
  • 病・医院実習
  • 特別講座
  • 試験対策

一般教科

  • 文書言語表現
  • 実用英語・英会話
  • 礼儀作法
  • 一般教養

取得可能な資格

  • 日本医師会医療秘書認定試験合格者には日本医師会の認定証が交付されます。
  • 全国医師会医療秘書学院連絡協議会から医療秘書の認定証が交付されます。
  • 日本歯科医師会から甲種歯科助手資格認定証が交付されます。
  • 本校修了生には、文部科学省告示に基づき専門士(商業実務専門課程)の称号が付与されます。
  • 診療情報管理士
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 医療秘書技能検定
  • 秘書技能検定
  • ワープロ検定
  • 硬筆書写検定
  • 医事コンピュータ技能検定
  • Excel表計算処理技能認定試験
  • 話しことば検定
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医療保険請求事務実技試験
  • 日医IT日レセ操作実務者<認定オペレータ>
  • 調剤事務管理士技能認定試験