専門学校甲府医療秘書学院

ごあいさつ

photo_kocho.jpg 仕事に心を与えるのは、みなさんひとりひとり。
その自負と責任を、どうか忘れずに・・・。

私ども甲府医療秘書学院は、昭和50年に開設し、昭和50年に日本医師会に認定されました。以来35年あまりにおよび、医療秘書育成という役割を通じ地域医療の向上に尽力してまいりました。この間に地元医療界との絆を深め、今では当学院が地域医療の向上に無くてはならない存在とされるに至ったことは何よりの喜びで誇りです。
急激な技術発展と高齢化といった医療界をとりまく変化に対応し、平成16年には新たに「診療情報管理士専攻コース」を設置。また平成21年には「社会福祉士併修コース」を新設する運びとなりました。医療事務のスペシャリストとして人の世に貢献したいと願う皆さんの目標を後押し、万全の体制で支えることができるものと自負しております。
みなさんが目指す仕事は、医療分野の一翼を担う特別な技術と知識を備えた専門職であると同時に、人間の生命と健康に関与する聖職でもあります。病める人のために何かしたいと願う思いやりと、人々にとっての健康を願い探求し続けられる強い意志を、常に忘れず歩んで欲しいと願っています。


学校長 大久保 幹雄