専門学校甲府医療秘書学院

ソーシャルワーク 併修コース

コース名称を「ソーシャルワーク併修コース」に変更しました。

厚生労働省国家資格である「社会福祉士」または「精神保健福祉士」の受験資格が取得できます。

※社会福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法(昭和62年法律第30号)」、精神保健福祉士は「精神保健福祉士法(平成9年法律第131号)」によって制度化された国家資格です。

中部学院大学との併修(ダブルスクール)のコースです。

photo_sf_1.jpg

高齢化社会の進展などにともない、さまざまな福祉サービス・諸制度に対し、的確な助言・指導をおこなえる有資格の専門家が求められています。このような社会の要請により、本校では平成21年度に<社会福祉士併修コース>を開設、平成26年度には、創立40周年記念事業の一つとして、<ソーシャルワーク併修コース>に名称変更し、「社会福祉士」または「精神保健福祉士」の国家試験受験資格を取得できるようになりました。
併修校である<中部学院大学通信教育部(人間福祉学部福祉学科)>は、全国通信制大学のなかで毎年トップクラスの国家試験合格率を誇る実績校です。同校との併修で指定科目を履修することにより国家試験の受験資格が取得でき、毎年1月に実施される国家試験を受験し合格すると、社会福祉士・精神保健福祉士の資格を取得できます。
※中部学院大学を卒業することにより学士(大学卒)の称号を取得できます。


li_blue.gif ソーシャルワークって?

「ソーシャルワーク」とは、社会福祉の専門従事者が人間の福利(ウェルビーイング)の増進を目的として、社会生活を送る個人、集団、地域等(クライエント)と環境との相互作用の中で起こる問題を解決、緩和するために行う専門的な援助のことです。援助者は、クライエントの諸問題に対処するため、専門職としての知識・技術・価値を実践基盤とし、直接的、間接的に援助を行います。


li_blue.gif 社会福祉士って?

「社会福祉士」とは、高齢者や障害者、生活に困窮する人など、主に福祉サービスを必要とする様々な人々に、各種福祉サービス・制度の情報提供と、相談、指導、および援助を行う仕事です。
また「医療ソーシャルワーカー」は、人々が適切で安心できるサービスを受けられるよう、利用者と医療・保健諸機関の間に立ち、橋渡しの役割を担います。


li_blue.gif 精神保健福祉士って?

「精神保健福祉士」は、精神科ソーシャルワーカーという名称で精神科医療機関を中心に、医療チームの一員として導入された専門職で、精神障害者の抱える生活問題や社会問題の解決のための援助や、社会参加に向けての支援活動を行います


li_blue.gif 資格取得後の主な職場は?

ソーシャルワーカーの本質は<だれもが自分自身の力を発揮し、豊かな生活を営めるように支援すること>です。現代社会においてソーシャルワーカーが必要とされる場は、<行政><医療><介護><教育><企業>など多方面にわたります。
医療・保健・福祉など、あらゆる現場で活躍するために大変有効なパスポートといえます。


li_blue.gif どんな授業を受けられるの?

中部学院大学通信教育部による国家試験受験のための指定科目の授業を、甲府医療秘書学院において教師指導のもと受けられます。また甲府医療秘書学院による充実したオリジナルカリキュラムも同時に受けられ、万全の体制のもとで、国家資格取得を目指せます。ほかに年数回の中部学院大学でのスクーリング参加、4~6週間の現場実習、さらに抜群の合格率を誇る受験対策講座も受けられます。


li_blue.gif 併修コースに入学するには?

「ソーシャルワーク併修コース」は中部学院大学通信教育部への3年次編入制度を利用する2年課程のコースです。編入前に修得した単位を、中部学院大学の修得単位として認定できるため、最短2年で卒業(国家試験の受験資格を取得)が可能になります。
併修コースの応募資格としては、本校医療秘書科2年制課程の卒業見込み者と、平成4年度以降入学の本校既卒者も再入学が可能です。他の専門学校・短期大学・大学の既卒者・卒業見込み者も応募できます。


  • 1