専門学校甲府医療秘書学院

医療秘書にできること

医療秘書の職域は幅広く、様々な分野で活躍できます。
どれも医療現場に欠かせない事務のスペシャリストとして医師、看護士、専門スタッフとともに「チーム医療」を担います。

iryo_info.jpg

医師事務作業補助者(メディカルクラーク)

医師の事務作業をサポートする仕事です。医師が医療業務に専念できるよう、医師の事務作業を代行しサポートします。

[具体的な仕事内容]

  • 診断書や処方箋など文書作成
  • 診療記録への代行入力
  • 診察予約
  • 紹介状作成、データ整理
  • 電子カルテへの代行入力

※平成20年度より、医療機関における医師事務作業補助者の配置が、診療報酬上、評価されました。さらに昨年度アップしました。
※各医療機関における医師事務作業補助者の配置には、6ヶ月の研修期間が義務づけられていますが、日本医師会認定医療秘書の資格を有する方は「基礎知識習得研修」が免除されます。

医療秘書

医師の秘書業務などを中心に事務部門を担いながら、患者さまとのコミュニケーションもあずかる医療現場に欠かせないパラメディカルスタッフです。

[具体的な仕事内容]

  • 電話応対
  • 来客応対
  • スケジュール管理
  • 文書作成

医療事務

主に診療報酬明細書(レセプト)の作成作業が専門的な業務ですが、医療事務業務全般に必要な知識と技術を生かし、さまざまな医療分野で活躍しています。

[具体的な仕事内容]

  • カルテ管理
  • 医療行為の料金化
  • 受付・窓口対応

診療情報管理士

医療・診療の質向上のために、カルテや診療情報の適切な管理と活用が業務です。

[具体的な仕事内容]

  • データ管理
  • がん登録
  • 統計の作成
  • コーディング

社会福祉士

主に福祉サービスを必要とする様々な人々に、各種福祉サービス・制度の情報提供、相談、指導、援助を行う仕事です。

[具体的な仕事内容]

  • 情報提供
  • 相談・指導
  • サポート・援助

  • 1