BLOG

体験学習 ~地域包括支援センターを訪ねる

去る5月22日、中部学院大学の授業の一環として、
本校ソーシャルワーク併修コースの生徒たちが、
体験学習を行いました。

今回訪れたのは、
甲府市南東地域包括支援センター。

地域包括支援センターは、
地域における保険・福祉・医療の総合的な相談窓口。
甲府市には、9カ所が点在しています。

実際にソーシャルワーカーとして働いている方に、
直接お話を伺いました。



生徒コメント:
「地域包括支援センターは、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、様々な支援を行っています。支援において、利用者を総合的に理解し、利用者の生活全体を捉えることが大切だということを学びました。」

利用者の方に対する真摯な思いを伺い、
将来に対する思いを新たにしたようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る